おしゃれデジタル野郎となってこれからの時代を生き抜く方法

おしゃれでハイセンスなおしゃれ泥棒にとって重要なのはデバイス。
iPhoneを始めとするアップル社製品はおしゃれIT野郎としても一つは手にしておきたい必需品だ。

今回ご紹介するのはITを駆使するおしゃれ野郎たちがどんな製品を使い、どんなデジタルハック術を駆使しているのかをご紹介する。

GoogleChromeを使用したYouTubeのテレビ視聴

最近のテレビ離れが進む原因としてネット動画の勢いが大きく関係してることはおしゃれ野郎たちも気づいている事と思う。いつでもどこでもみれるネット動画は、長いCMもないために手軽に利用している人も多いだろう。しかし、気になるのは画面サイズ。通勤中にスマホでみるくらいなら気にならなかったけど、家に帰ってもスマホでみるのはちょっとしんどい‥やっぱり画面が大きいっていいな…と思っているおしゃれ野郎達のために開発されたのが「GoogleChrome」だ。Wi-Fi環境さえあればスマホで見ているYouTube映像をテレビに飛ばして視聴することができる。なんと4200円。昨日のサッカーの試合や子どもにみせるアニメ動画などYouTubeやHuluなどの動画を簡単にテレビに映し出すことができる。

chromecast

クロームキャスト(Google公式ストア
価格:4,200円
付属品:Chromecast本体・HDMI延長ケーブル・USB 電源ケーブル・電源アダプター

クロームキャストの販売を停止!Amazonがついに本気出してきたAmazonFireTVStick

クロームキャストの販売をストアから停止し、本気を出したAmazonが作り上げたのがAmazonFireTVStickだ。基本的な昨日はクロームキャストと同様にテレビのHDMIに接続すれば、Amazonのゲームだけでなく、AmazonインスタントビデオやHuluなどの動画見放題サービスを大画面で堪能できる。

AmazonFireTVStick

価格は4,980と手頃ながらドルビーサウンド・システムやメモリやストレージなどはクロームキャストを凌駕する。Amazonという巨大な販路を失ったクロームキャストはAmazonFireTVStickの影に完全に消えてしまいそうだ。

amazonfiretvstickAmazonFireTVStick(Amazon公式ストア
価格:4,980円
付属品:本体およびリモコン・電源ケーブル・単4乾電池2本・HDMI延長ケーブル

TSUTAYAレンタルはもう古い!AppleTVとAmazonFireTVが新定番

AmazonFireTVStickでネット動画はみれるけど最新映画をみたい!っておしゃれ野郎はいままで通りレンタルビデオ店に足を運んでいただろう。しかし、その行動はもう古い。AppleTVとAmazonFireTVが仕掛けるテレビ革命を今すぐデジタルライフに取り入れてほしい。Appleが今から10年前に発表したテレビをみる製品。今となってやっと時代がAppleに追いついてきたか…それがAppleTVだ。Appleが提供するゲームも映画も音楽も全てのコンテンツを高画質、高音質で楽しむことができる製品である。TVにOSを搭載するAppleのテクノロジーはリビングの大画面と数々の革新的な方法でつながることができ、観たいものを探す時はSiriに頼むだけ。テレビの未来へAppleTVが連れて行ってくれるだろう。AmazonFireTVも見逃せない年間3900円のプライム会員となれば映画や音楽は見放題。無制限のフォトストレージまで開放された。お急ぎ便が無料だったりと、AmazonのヘビーユーザーであればAmazonFireTVも見逃せない。

apple-tv-hero-select-201510AppleTV(Apple公式ストア
価格:18,400円(32GB)
付属品:Apple TV(本体)Siri Remote2(リモコン)Lightning(USBケーブル)電源コード

AmazonFireTV(Amazon公式ストア
価格:12980円
付属品:AmazonFireTV本体および音声認識リモコン・電源ケーブル・単4乾電池2本

車内も快適に。通勤時間を無駄にしないカーナビとHDMIケーブルがもたらすデジタルカーライフ

毎朝、車で通勤1時間…ラジオを聞いたり、テレビをみたり。通勤を苦痛に感じている人も多いのではないだろうか?そんな時に利用したのがHDMIに対応したカーナビゲーションシステムの実装だ。ナビにHDMIが対応することでスマホの画面をミラーリングすることができ、車内でHuluやYouTubeを流すことができるのだ。仮にiPhoneとカーナビを繋ぎたいときはAppleLightningDigitalAVアダプタを使用すればよい。カーナビの操作パネルにある外部接続からHDMIで画面をミラーリングすることができる。赤白黄色のコンポジット接続を変換するHDMIハブがあればHDMIに対応していないカーナビでもミラーリングすることが可能だ。退屈な車内環境も明日から劇的に進化するだろう。

世界に自分を発信!クリエイティブな人生を送れ!

自分の考えや意見を世界に発信したいと思うおしゃれ野郎たちも多いだろう。今となればTwitterを使ったりインスタグラマーになったりと世界に自分をアピールする手立てはいくらでもある。でも、まだ物足りない。SNSではなくて自分のウェブサイトをもちたい!なんて思うおしゃれ野郎もいるかもしれない。ブログで良くね?という情弱な意見は無視してデジタルライフとは少し違うかもしれないが、自分のウェブサイトをもつ仕組みを簡単にご紹介しよう。

ドメインの取得

ウェブサイトにはウェブアドレスがあるのは常識だと思うがその基本となるのがドメインだ。.comや.co.jpなど好きな文字列を自分で選択することができる。

サーバーの契約

ドメインを取得したら次はサーバーを契約しなければならない。サーバーとはドメインを保管しておく場所で、ウェブサイトに画像をアップロードしたり、文章を公開するにはサーバーが絶対に必要だ。

ドメインとサーバーの関係

ドメインを取得するサービスはたくさんあるが、基本的にサーバー契約時に取得すれば良い。日本のITを企業で一部上場して有名なのがGMOインターネット株式会社が提供するドメインサービス、ムームードメインがある。好きな文字列でドメインが取得できるが、既に取得されている可能性もある。まずは検索してみることをオススメする。



ドメインが取得できたら次はサーバー契約だ。国内最大級の個人向けレンタルサーバー『ロリポップ!レンタルサーバー』は、月額100円(税抜)~で容量最大400GBを保有。安いだけじゃなくWordPressの簡単インストール/ウェブメーラーなど機能もおさえており、自分のウェブサイトを公開するには十分のスペックを備える。(ロリポップ公式サイト



ドメインを取得したらサーバーを契約してオリジナルのWEBサイトを公開してみよう。デジタルがあなたの世界を変えてくれる。